韓国ソウル留学旅行記①

ちっちきです!

今回はちっちきのアナザースカイ

韓国ソウルについてご紹介したいと思います。

以前の記事でちらっとご紹介してますが

今回はちょっと詳しめにシリーズ化してお届けします。

以前の記事はこちら

ちっちきの夢~書道編~

とにかく早くお手軽に留学に行きたい

2015年。

社会人を5年ほどやってみて

漠然と思っていたこと。

20代このままでいいのか

20代半ばにさしかかると

こういうこと考える人多いんじゃないかな。

もっとおもろいことやったらんかい!

ということで思いついたのが

留学!

英語圏がいいなぁという気持ちもあり

カナダオーストラリアへの留学をリサーチするも

高い、、、(;_;)!!!

セブとかでもいいかなという気持ちもあるけど

留学してまでフィリピン人に会うのもなぁ

(自宅でフィリピン人には会い放題なのでw)

う~ん、、、と思っていたところ

高校時代のお友達が外語大学に行っていたことを思い出したちっちき。

お友達に連絡をとり留学についての情報を聞いてみると

そのお友達の留学先は

韓国のソウル

留学のお値段を調べてみるとまぁまぁお手頃!

インフラも整っていて

韓国語は日本語と語順も同じなので

これはちゃちゃっと行けそう!!!

というわけで留学資金を集めるために

24時間営業の居酒屋の深夜帯で働く

という暴挙に出たちっちきwww

(若さとは最高じゃのぅ)

半年ほどで資金調達できたので

2016年春学期から韓国へGOGOGOしました!

韓国でのお部屋探し

今までの30年ほどの人生で

いちばんパッションを感じて

自分だけのために自分らしく

生きていたんじゃないかと思う

留学準備期間~留学の時期。

目標がある人生っていうのはほんとに最高ですね~!

そんなワクワクの中で資金調達と同時進行でしていたのが

お部屋探し。

(特に留学エージェントは通さずに

学校もお部屋も全部ネットで探しました)

お部屋探しでお世話になったのが

テソン不動産

旦那様が韓国人、奥様が日本人の日韓夫婦で経営されている不動産です。

契約の流れとしては

基本的にはカカオトークで連絡を取り合って

条件をお伝えして

いくつか候補の物件をあげて頂いて

その中から物件を選んで

手付金を送金する

というかんじです。

レスポンスもスピーディーで

とてもご親切な奥様がご対応くださいました^^

手付金いくらだったか思い出せないんですが

恐らく20万ウォン~30万ウォンだったような、、、

ちっちきの条件としては

  • 毎日通う学校から徒歩圏内
  • 朝晩2食付き
  • 個人の部屋にトイレとシャワー付き

そうして選んだお部屋がこちら!

コロナの影響が2020年でこちらの下宿は

営業が終了してしまってるようです、、、(かなすぃ)

こうしてお部屋を決めたちっちきでしたが

お部屋探しの反省点を次回の記事でまとめていこうと思います!


1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。