コロナ禍の結婚式④

ちっちきです!

前回の記事の続きから書いていこうと思います。

前回の記事はこちら

コロナ禍の結婚式③

結婚を決意した娘を見送る父

彼のご両親にご挨拶に行く前日の夜は

いろんなことを考えすぎて

吐き気に襲われたちっちきでしたが

朝起きると意外と快調!

いざ出陣じゃ!と車に乗り込むと

外まで見送りに来た父www

そして父はちっちきに言いました。

まぁ行ってけぇ

ダメじゃったらワシが

フィリピン人の若いカワイイ男を

婿に探して来たるけん

一応、ちっちきがフィリピーナのことを

相手の親になんて言われるか気にしていたことを知っていた父ww

打開策が

フィリピン人の若いカワイイ男を婿として探してあげるwww

フィリピーナと結婚して

ちょっと申し訳ないと思いながらも

娘の健闘を祈っている父はカワイイね^^w

父に見送られ出発するも

心配症の父から1時間おきにかかってくる電話w

そんな道中でしたが無事に彼の実家の

最寄りのコンビニまで到着。

意外とノリノリだった義両親

彼のご両親とは初対面ではなかったものの

おうちに上がらせてもらってお話をするのは初めて!

ガレージ付きのお庭に自転車も中に置けるようなひろ~い玄関。

リビングに入ると90インチはあろうかという

でっかいテレビがお出迎え。

そしてダイニングテーブルの上には

お寿司と唐揚げとサラダ。

それと、あったかいすまし汁。

いらっしゃ~い^^

とお母さん。

お父さんも座って座って!とノリノリのご様子。

は~、なんて平和な家庭なんでしょうか。

父とサイコパスマミィも離婚してなかったら

もしかしたらこんな実家もあり得たのか?

と生産性のないことを考えてもしょうがありません。

食べよう食べよう!ということで

お食事をしながら

どんな風にお話を展開させるべきかと緊張していると、、、

お父さんが

結婚式はいつにするんや?^^

ジューンブライドでええんちゃうか?!^^

ぶっ飛びのお父さんです^^w

ちっちきの心配をよそに

彼のご両親は

二人の決めたことなら

と結婚を許してくれてたみたいです。

それでも一応、ちっちきの口から

一通り家庭事情を説明しておかねばということで

だいぶお時間を頂き

今までのサイコパスヒストリーフィリピンヒストリーをお話。

お母さんは子供が大好きなので

なんで4人も可愛い子がおんのに行ってしもたんやろなぁ

と、ごもっともな意見を述べられてました。

こんな訳の分からない家庭出身のちっちきを

こんなに温かく迎え入れてくれた

彼のご両親の寛大さに感謝です。

ちっちきをとりまく環境じゃなくて

「ちっちき」という人間を見てくれたことにも

とってもとっても感謝です。

いいおうちにお嫁に行けてよかったなぁと

つくづく思います^^

もし、フィリピン人がどうのとか育ちがどうのとか

蛙の子は蛙って言われたとしたら

お嫁には行ってなかったかな~。

それならやっぱり父の言う通り

フィリピン人の若くてカワイイ男を婿にしたかな~w

長くなってきたので続きはまた次回に!