とんちんかんファミリー㉘

ちっちきです!

前回の記事ではキャンベルの爆誕秘話についてご紹介しました。

前回の記事はこちら

とんちんかんファミリー㉗

今回の記事では新メンバーのキャンベルの加入後の

ちっちきについてご紹介します。

妹1に背中を押されて踏み出した第一歩

キャンベルの爆誕に伴い

父、フィリピーナ、キャンベルの家族感が強くなった我が家。

キャンベル爆誕前までは

父、フィリピーナ、ちっちき、タレントたちで同居。

妹1と弟と妹2はそれぞれ進学のため

寮に入ったり下宿をしたりしていたので

ちっちきが古株の子どもとして親元に残っていました。

キャンベルの爆誕に際し

一緒に暮らす?

と提案してくれたのは

我が家の1型糖尿病暴れん坊将軍、妹1

(妹1は他県に進学のため一人暮らし)

ちっちきと妹1とちっちきの愛犬はるみちと暮らせる家を借りよう!

ということになり

思いもよらぬ理由で

縁もゆかりもない土地での新生活がスタート!

もう20代後半にさしかかろうとしているのに

古株として親元にいていいんだろうか

結婚相手を探してちっちきの新しい家族を作るべきなんだろうか

いつまで父に家族としてぶら下がり続けるんだろうか

このままでいいんだろうか

アウェイ感を感じると共に

自分の未来への不安をすごく感じていました。

そんなちっちきの気持ちを察して

一緒に住むことを提案してくれた妹1に感謝です^^

自立している妹1

タイミング的に遅くなりましたが

キャンベルがこの世に生まれると知った時の

ちっちきとカシュ(妹2)以外のきょうだいの反応をご紹介します。

まず、1型糖尿病の記事でピックアップしている妹1。

ご存知の方もいらっしゃるでしょうが

かなりの自己主張の強い前のめりなおなごですw

そんな妹1がキャンベルがこの世に生まれると知ったときの反応は

まじか!!やったな!!!

おめでと~~~!!!

でした^^

妹1の反応が出来たらいちばん心が強いというか。

自分を確立しているんだ

とちっちきは思いました。

1型糖尿病の発症から約15年。

自分と他人を比べないし他人からの評価を気にしない

人生の主人公は自分だ

という考えを確立させた妹1の反応は立派でした。

自分を確立しているからこそ

他人の幸福を素直に祝福できるんでしょうね。

本当の富に気付いている人はそれを自慢したり見せびらかしたり

他人の富を奪おうとしたり憎んだり嫉んだりしない。

妹1は

今日も目が見える、ごはんが食べれる、風を感じられる

という本当の富に気付いているんだろうと思います。

くそ~~~!見習わんといけませんね~~~!

椎名林檎のありあまる富

この曲に妹1の価値観がぎゅっと詰まっているような気が

ちっちきは勝手にしていますwww

そして最近はまってる藤井風のエモさw

長くなってきたので続きはまた

次回の記事で書いていこうと思います!

どうでもいいけど

今日の昼ご飯はそうめん。


1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。