とんちんかんファミリー㉓

ちっちきです!

前回の記事の続きから書いていこうと思います。

前回の記事はこちら

とんちんかんファミリー㉒

お星様になったおばちゃん

前回の記事より尿膜管癌と戦っていたおばちゃん。

ちっちきがおばちゃんに出会ってからちょうど1年。

2015年3月末。

おばちゃんはお空へと帰って行きました。

おばちゃんが亡くなる2週間前

ちっちきはカシュ(妹2)を連れて

おばちゃんに会いに行きました。

おばちゃんにはカシュの不登校騒動にもご尽力いただいており

結局カシュは中学には行かなかったけど

中学の卒業証書をもらいました。(義務教育万歳!)

そしてその卒業証書を持って

おばちゃんのところに会いに行ったわけですが

もうその頃にはモルヒネのせいで

おばちゃんがおばちゃんではなくなっていました。

右手が麻痺していて動かないし

ほんの数週間前まで

あんなに強くて武士道を炸裂させて

せっかちでひっきりなしに動いていたのに

もうそんな生きる力がおばちゃんにはなくなってしまっていました。

きっと最後の在宅の緩和ケアだったんだと思う。

絶対に弱音を吐かないおばちゃんが

「手が動かんようになってしもうたんよ」

と言ってました。

髪の毛がなくなったとき

「髪の毛なんていらんなぁ!涼しくてええわぁ^^」

と言って颯爽とウィッグをかぶっていたけど

ほんとは強がっていたこと

そのときちっちきは分かってました。

でももう今は強がることも出来なくて

何かにすがりたい

というおばちゃんの気持ちがすごく切なかった。

「来週また来てなぁ」

と言われたけど、辛くてもう行けませんでした。

これがおばちゃんとの最期の会話になりました。

シャネルの口紅

その次におばちゃんと会ったのはお通夜でした。

葬儀会場にはおばちゃんの旦那さんと大学生の息子さんと中学生の息子さん。

旦那さんはちっちきに言いました。

「ちーちゃん(ちっちき)が口紅を塗ってあげて」

おばちゃんには娘さんがいなかったので

恐縮ではありますが

ちっちきがおばちゃんに口紅を塗りました。

あんなにおしゃべりだったおばちゃんの

今はもう冷たくなった唇に口紅を塗りました。

口紅はひとつブランド物もっときや

と教えてくれたシャネルの口紅でした。


サイコパスマミィに捨てられても

ちっちきのことを母のような優しさで包んでくれる人が

この地球上にいる。

そんな事実がとっても嬉しかった。

おばちゃんの作ってくれた

硬めの塩味をよく効いたおにぎりが

今でも忘れられません。

おばちゃんから受けた引き継ぎは

事務だけではなく武士道もです!

またいつかおばちゃんに会ったとき

怒られないように頑張りますので。

2 COMMENTS

現在コメントは受け付けておりません。