とんちんかんファミリー㉑

ちっちきです!

前回の記事の続きから書いていこうと思います。

前回の記事はこちら

とんちんかんファミリー⑳

自宅警備員のカシュさん(15)

ちっちきの家には以前、自宅警備員がおりまして

その名をカシュ(妹2)と言います。

(今後妹2をカシュと呼びますのでついてきて下され)

カシュの自宅警備員の職務経歴は

小学校5年生の冬にサイコパスマミィに捨てられ転校

小学校5年生~6年生は遅刻しながらも自力で起きて登校

中学生になるとだんだん不登校になり自宅警備員を開始

フィリピン人タレントと同居のために引っ越し

転校をきっかけに少しだけ登校するも

自宅警備員に後戻りして

以降の中学時代は立派に自宅警備員を務めておりました。

自宅警備員を志願した理由は

学校の友達には優しいママがいるけど自分にはいない

これでしかありませんでした。

しばらくは目をつむっていたちっちきですが

怠け者が許せないちっちきは

起きろや!学校行けよ!!甘えるな!!!

とカシュを毎朝罵倒しておりました。

(カシュとちっちきは8歳差ですので、ちっちきは当時23歳ですかね)

でも布団をかぶってだんまりを決め込むカシュには

何も響きませんでした。

今思えばそんなに頑張って罵倒しなくてもよかったのかもしれません。

そりゃ中学時代にしかないキラキラした思い出を作れたら

いちばんいいのかもしれないけど

中学時代のたった3年間、学校に行けなくても

人生で考えればそれはもう鼻クソみたいな出来事

中学校に行かなくてもなんぼでも取返しはつくからです。

ま、こんな時期もあるか  と

自分で出来ることを勉強したり

家族やペットとおうち時間を過ごしたり

してもよかったのかもしれません。

脱・自宅警備員のカシュさん(16)

そんな自宅警備員をお勤めしていたカシュにもやってきたのが

高校受験」でございます!!!

まあこんだけ出席日数がなければまず公立は行けないでしょう。

公立の全日制の高校に受かったとしても

どうせまた布団をかぶってだんまりを決め込む姿が

ちっちきの目にはすぐに浮かびました。

そこで考えたのが

寮にぶち込むこと!!!

これは我ながらいい案を思いつきました!

寮にぶち込めば登校という概念がない!

というわけでネットで検索して見つけた

不登校の子が全国から集結する

自宅警備員のエキスパートの全寮制高校を見つけましたw

そして、カシュと二人でオープンスクールに行きました。

どんな子がおるんかしら、、、と不安に思ってましたが

こんにちは^^

すれ違う生徒がみんな挨拶してくれる!!

なんて爽やかな生徒たちなんだ!!!

元自宅警備員とは思えぬ爽やかさ!!!www

というわけでカシュはこの学校を受験することを決めて

見事合格しました。(よかった)

ちょっとしたきっかけで不登校になった子

家庭環境など自分が原因ではい事情で不登校になった子

みんなそれぞれ違った理由ではあるけど

心の傷を抱えて自宅警備員をお勤めしていた

という共通点が彼らの心を結束させました。

ほんとは楽しく学校に通いたかった

という気持ちも彼らは一緒ですね^^

だから自宅警備員時代を取り返すように

カシュは高校生活をおもくそエンジョイして

彼氏も出来たしフィリピンハーフのお友達も出来ました!

カシュと仲良くしてくれた子たち

ほんとにありがとう^^

カシュが入寮する日、ちっちきは

これでよかったんだろうか

ちっちきの気持ちばかりを押し付けてしまったんじゃなかろうか

と涙を流しながらカシュを見送りましたが

そんな心配はご無用でしたね^^

(ワシの涙を返してくれw)

元・自宅警備員のカシュさん(22)

そして現在のカシュは医療の学校を卒業し

医療従事者として立派にお勤めをしています!

布団をかぶってだんまりを決め込んでいたカシュは

もうどこにもいません^^

立派になってくれてほんとにアテちっちきは嬉しいです。

ちっちきに何かお礼をしようかと言ってくれたんですが

老人ホームに入るお金がなかったら支援してくれ と

言っておきましたwww

不登校でもつまずいても

きっとまた前を向ける日がくるはずです^^


1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。