とんちんかんファミリー③

ちっちきです!

前回の記事の続きから

書いていこうと思います。

最初の記事はこちら

とんちんかんファミリー①

そのころ父は

だんだんと崩壊へ向かうサイコパスマミィと

子供4人に更に追い打ちをかけたのが

必殺!養育費送金ストップ攻撃!

ですwww

離婚してある程度時間が経つとよくある話ですよね。

父はそのころ何をしとったんかというと、、、

  • 元々ものっそい寂しがり屋のため一人が無理で病む
  • 労働意欲の源が家族だったので労働意欲を失う
  • 自営業でやっていた会社を知人の会社と合併させ合同会社にする
  • 精神的にローンまみれの自宅へ帰れず事務所で寝泊まり

要約するとこんな感じだったみたい^^ww

収入が減った要因は

自営業でやっていた会社を合同会社にしてしまったことで

給料制になったことでした。

それでもマイホームのローン月々10万円は

払わないといけないし、、、

父は単細胞で単純だから余計に

家族を失って完全にやる気スイッチがオフになったんでしょうね。

もう完全に負のスパイラルです^^おほほほほ

救世主降臨

人生のグランドキャニオンの谷底にいた父に

ひとつの光が差します、、、!!

ワシは孤独が苦手なんじゃ、、

寂しいけんフィリピンパブでも行ってみるか

と密かにフィリピンパブにお世話になっていた父。

フィリピンに残してきた一人娘と

家族のために出稼ぎで来日していた

20代前半のフィリピーナは言いました。

「アナタ 特別ナ オ客サン!」

さぁ!ここで単細胞で情に生きる男の

ハートが完全にファイヤーです!!!www

フィリピンパブのタレントとして来日している人は

大体6ヶ月のビザらしく

シンデレラのフィリピーナは帰国の時期が迫っていました。

そしてとうとうビザが終了し

シンデレラはフィリピンへと帰ってしまいました。

さかりのついた猫は三山を越える

と言いますが

さかりのついた父は なんと

フィリピンまでシンデレラを迎えに行ってもたwww

父は田舎育ちなので電車にも新幹線にも

ひとりでは乗れないような人なんですけど

飛行機にはひとりで乗れたみたいw

やっぱり「出来ない」っていうのは

言い訳なんですね~

「出来ない」んじゃなくて

「やらない」んですね~

本気出せば人間ってなんでもできるよ!!

フィリピン共和国にて結婚

さかりのついた父は 現地入りして

勢いでそのまま結婚の手続きまで

ちゃっかり済ませました。

婚姻要件具備証明書

っていう書類が必要だったりするみたいですが

詳しい手続き方法について

また別の記事で紹介しますね!

(需要があるかは不明ww)

と、そんなこんなでフィリピーナと再婚した父。

ちっちきが父の再婚を知ったのは

入籍から1年後でした。

当時 父45歳 フィリピーナ25歳の

20歳差カップルです。

こうして父はまた生きる力を取り戻しますが

同時に子供たちへの罪悪感も感じるようになります。

ちょっと長くなってきたので

また次の記事で続きを書いていきま~す


記事とはあまり関係ないですが

フィリピンで暮らす日本人男性に一度出会ったことがあります。

なんかその方も

お金なくてもう日本では暮らせんからフィリピンに帰る

って言ってたww

興味のある方は読んでみて下さい。

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。