ちっちきが愛犬家になった理由

ちっちきです!

とんちんかんファミリーについてばかり投稿していましたが

ここでちょっと気分転換。

現在ちっちきははるみちという6kg越えのでかチワワと暮らしています。

その前に実はらんみす大佐という

チワワとパピヨンのハーフの子と暮らしていました。

今日はらんみす大佐のお話を書いてみようと思います!

らんみす大佐との出会い

時は2011年5月。

父が友人宅で生まれた子犬を突然連れて帰ってくる奇行ww

(破天荒すぎなww)

うちに来た日の様子

名前は「らんみす大佐」

どこが大佐なのか不明ではあるけど

パピーはまじで天使^^きゃわ~

袋のなかに入ってみたり

お散歩も出来るようになって

どんどん成長していったらんみす大佐^^

こんなにコミュニケーションがとれるんか!ってぐらい賢くなりました。

(親バカかもしれないけど^^w)

ほんとにワンコがいる生活って幸せですよね!

突然 虹の橋を渡ったらんみす大佐

2014年4月8日

もう一生この日を忘れることはないと思う。

ほんとに突然、虹の橋を渡っていきました。

まだ肌寒い夜 22時ごろ

その日はお客さんが自宅に来ており

帰るときに玄関のドアがきっちりしまってなかったみたい。

元々お外が大好きだったらんみす大佐は

ひとりでお散歩に出かけてしまいました。

家族も夜ごはんを食べ終わって

ゴロゴロしたりお風呂に入ったりテレビを見たり

自由に過ごすタイムだったので

らんみす大佐の不在にすぐには気付かなかった。

あれ?らんみす大佐どこ?

ってなったのが22時半頃。

ようやく玄関が開いていることに気付く。

ここから必死の大捜索開始です。

携帯で連絡を取り合って

家族総出で自宅近辺を探して歩く、、、

そして第一発見者はちっちきでした。

まさか大通りまで行ってないだろうと思いながらも

大通りまで出てみると

パトカーと1台の乗用車

道路に横たわる白いフワフワが見えました。

見えた瞬間にらんみす大佐だって分かりました。

交通事故にあってしまった、、、

ちっちきは白いフワフワまで駆け寄って

膝のお皿が割れるんじゃないかぐらいの勢いで

アスファルトに膝を打ち付けて座って

地面に横たわるらんみす大佐を抱きしめました。

まだ息をしてました。

見た目には出血もないし外傷もなし。

でも立ち上がることもできない。

警察の方「飼い主さんですか?」

ちっちき「そうです!!!(大泣き)」

心配そうに様子を見ていたのは乗用車の20代のおねえさん2人。

らんみす大佐が歩いているのを見つけて

保護しようとしてくれたお姉さんでした。

「ワンちゃんが歩いてるのを見つけて

保護しようと思ったんですけど

他の車にひかれてしまって(大泣き)」

ひいた車はもうどこかに行ってしまったみたい。

「探されてるかと思ってとりあえず警察に連絡しました。

夜間でもあいてる動物病院を検索したので行きましょう!!」

って言ってくれて

お姉さん2人とちっちきで大泣きしながら

車を30分ほど走らせて夜間動物病院へ向かいました。

夜間動物病院に向かう車のなかで

だんだん冷たくなっていくらんみす大佐。

もうだめだなってちっちきは思っていたけど

お姉さんはちっちきとらんみす大佐を励まして

あともうちょっとで着くよ!頑張って!!

って言ってくれました。

長くなってきたので

次の投稿で続きを書いていこうと思います!


記事とはあまり関係ないですが

お散歩もやっぱりリードやハーネスは頑丈なもので

ワンコにも負担の少ないものがいいですよね!

はるみちくんもリピート買いしているハーネスです👆

(ちなみに今はワインのお色をチョイス^^)

結構長持ちするし丸洗いできるし重宝してます。

よかったら見てみてください~^^